HOME > 会社案内 > 環境管理システム
環境管理システム
環境方針
 
環境理念
 
東都熱工業株式会社は、空調・衛生・電気工事等の事業活動において、全社員が環境問題に真摯に取組み、社内及び工事作業所における業務を通じて、環境への影響に配慮し、環境の保全に努めることにより、社会の持続的発展に貢献する。
 
環境指針
 
環境理念を実現するため、環境管理システムを構築し継続的改善を図り、積極的に環境保全活動を推進する。
事業活動を通じて、環境側面に関係する法規制及び会社が同意したその他の要求事項を順守し、さらに環境目的・目標を明確にし、定期的に見直しを行いながらこれらを積極的に推進し実現させる。
顧客には、環境に配慮した省資源、省エネルギーの提案を積極的に行い、作業所では協力会社と連携し、廃棄物の発生抑制及びリサイクルなど適切な管理を行い、環境汚染の予防及び環境負荷の低減に努める。
 
制定日 平成25年3月14日
東都熱工業株式会社
   代表取締役社長 林田 武
− 本方針は、弊社ホームページ等を通じて社外に公表いたします −
 
企業の社会的責任(CSR)
 
当社は、設備専門業者として、広範な分野において企業の社会的責任(CSR)を果たすことにより
持続的な企業価値の向上を目指し、多様な施策を積極的に推進し社会に貢献すべく邁進しております。
 
環境への取組み
 
当社は企業の社会的責任の一環として、環境方針に基づき「環境管理システム」を構築し,地球環境の維持に努め、
以下の施策に取り組み、積極的に推進しております。
 
社内組織と役割分担
 
  設計部門としての取り組み   サービス部門としての取り組み
  環境コミュニケーションの推進(省エネ設計の提案)
  −消費エネルギーの節減
  −熱損失・熱取得による熱負荷の抑制
  −コンパクトな空調による利用空間の拡大
  −自然エネルギーの有効利用
 

省エネ化によるリニューアルの提案
  −ランニングコストの低減
  −作業環境の高効率化

長期修繕計画によるメンテナンス提案
  −設備機器の寿命延長
  −運転経費節減

  工事部門としての取り組み   事務部門としての取り組み
 

地球資源保全教育の実施

省資源(プレハブ)工法の採用
  −混合廃棄物の低減・抑制
  −作業時間及び工期の短縮

廃棄物管理の徹底
  −廃棄物分別率の向上
  −排水・廃液等による自然破壊の防止

 

環境負荷低減製品の導入
  −リユース・リサイクル製品の積極的採用

CO2排出量の低減
  −水・紙資源の節約
  −電気使用量の節減

 
環境報告書
 

当社が年間を通し取り組んでいる環境活動を整理し、『環境報告書』を作成致しました。

毎年定期的に公開し、環境活動の結果及び次年度計画を報告していきます。

 
平成24年度 環境報告書2012 [ 7MB ] 平成25年度 環境報告書2013 [ 21.8MB ]
環境報告書PDF envio2013PDF
   
平成26年度 環境報告書2014 [ 3MB ] 平成27年度 環境報告書2015 [ 4.7MB ]
PDF cover2015PDF
   
平成28年度 環境報告書2016 [ 1MB ]  
2016coverPDF  
 
認証登録証明書

和文

英文

認証対象

本社、九州支店
認証機関 インターテック・サーティフィケーション株式会社
適用規格

ISO14001:2004
認証登録範囲 空調・換気設備工事、給排水衛生設備工事、電気設備工事、付帯設備工事についての設計・施工・サービス
認証番号 08504
初回登録日

2012年5月21日
更新日 2015年4月8日
有効期限 2018年5月20日
ページの先頭へ
Copyright©2009 TohtoNetsu Kohgyo Co., Ltd. All rights reserved.